PCR検査の受検が可能な場所について

現在、北スラウェシ州でPCR検査の受検が可能な場所は、各民間病院や検査センターなど予約受け付けしており受検が可能です。
ただし、PCR検査であっても後述の保険大臣の法令に基づくものとそれに該当しないものがあります。検査の品質が同じであっても証明書・ドキュメントの扱い(効力)が異なる場合があるのでご注意ください。

船舶での移動(マナド→テルナテ便など)ではPCR検査でなく迅速抗体検査で乗船可能(マナドのPasar45近くの港のカウンタで抗体検査後チケットを購入できるなど)である一方、国際線の航空機搭乗などでは、公式な(保健省大臣法令4642/2021(*1)に基づいたPCR検査を行う機関で発行された)ドキュメントを求められる場合もあり注意が必要です。
(船舶でも大手のPELNIのビトゥン港からのアンボンなどへの長距離便ではPCR検査院生結果などが必要かもしれません未確認です)

現在、インドネシア国内で保健省大臣法令4642/2021に基づくPCR検査を実施している機関のリストについては以下のサイトから検索が可能です。
Daftar Laboratorium Jejaring Pemeriksa COVID-19

2021年9月14日現在、リストされている北スラウェシ州の検査機関は以下のようになります。北スラウェシ州は以下の8件(2021/09/14現在)となっています。

RSUP Prof. RD.Kandou Manado (北スラウェシ州立病院)
BTKLPP Manado(疾病管理センタ→個人の検体採取は行っていない?)
Laboratorium BPOM Manado(食品医薬品局→個人の検体採取は行っていない?)
Laboratorium Biomolekuler Unsrat(サムラトランギ大学)
Laboratorium RS Tk.II R.W Mongisidi Manado(陸軍病院)
Laboratorium RSUD Anugerah Tomohon (トモホン市立病院)
Laboratorium RS Bhayangkara TK III Manado(警察病院)
Laboratorium Klinik Pramita Manado(民間検診会社)

※検査のみの実施しているなど、直接個人からの検体採取を行っていない機関もあります。またリスト上にない病院でのPCR検査の受検でもリスト上の検査機関に委託している場合(リスト上の検査機関がPCR検査結果の証明書を発行した場合)は有効な場合もあります。
※予約必要有無や料金、結果が出るまでの時間、検査結果の書式等につきましては、各自でお問い合わせください。

(中村)

(*1)法令 Berdasarkan Keputusan Menteri Kesehatan nomor 4642/2021 tentang Penyelenggaraan Laboratorium Pemeriksaan Corona Virus Disease 2019 の原文つきましては以下より入手できます。
https://peraturan.bpk.go.id/Home/Details/171642/keputusan-menkes-no-hk0107menkes46422021