ホームページ

北スラウェシ日本人会のWebサイトへようこそ。

 

このホームページは、インドネシア共和国北スラウェシ州在住邦人による日本人会です。

北スラウェシ日本人会では在住邦人同士の交流やコミュニケーションを推進し、相互扶助を活動の主な目的としています。更には、インドネシアの現地の人たちとの友好や、様々なトラブル解決のための情報共有にも力を入れています。

また、在住邦人だけでなく、今まで、北スラウェシ州を旅行する方のお問い合わせや、更に戦前戦中にこの地で活躍されていた日本人の方の遺族からもお問い合わせがあり、各種調査を行ったりもしています。

日本人会概要

当、北スラウェシ日本人会はインドネシア共和国北スラウェシ州で1998年に設立した公式な日本人会になります。

なお、北スラウェシ州のマナドには、かつては戦前よりメナド日本人会が存在していました。当時のメナド日本人会はインドネシアでジャカルタ日本人会に次いで大きな組織でした。これは、江戸時代から日本人の漁民がマナドに移住し水産加工業(かつお節)に従事していた事や、戦前戦中は日本からの貨物船が寄港する港であったためです。(現在は日本からの貨物船は就航していません。)そのため、当時は、貿易事業や漁業などで、(現在よりも)多数の日本人が在住していました。しかし日本の敗戦に伴い日本人会は活動を休止し、事実上の解散となりました。そして、おおよそ50年ぶりにマナドに日本人会が誕生しました。

現在の日本人会の会員は約30名ほどで、一時的にJICAやODAなど国際協力関連で会員数が上がることもございますが、昨今はコロナ禍の影響で引き上げなどで残念ながら新規の加入はありません。業種別の比率としては、先の一時的な国際協力関係を除けば、主に真珠養殖業と水産加工業(マグロ)が主です。またインドネシア人との国際結婚による移住やリタイアメントの会員も多い状況です。

一方で日本人会の活動は専従ではなくボランティア的に活動している状況なので至らない部分もあるかもしれませんが、現地在住の日本人の方はもちろん、会の運営にご賛同いただける方であれば、ご入会いただければ幸いです。

お問い合わせ

北スラウェシ日本人会へのお問い合わせはこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

    ※日本とインドネシア双方からお問い合わせがあるため、必ず国番号(日本の+81やインドネシアの+62等)を付加してください。
    例)日本で03-3123-4567の場合、+81-3-3123-4567とご記入ください。

    右の確認コードと同じ文字をご入力ください: captcha

    当会の役員は会長をはじめ全員が専従ではなく通常業務の傍ら日本人会の業務もボランティアとして熟している為、レスポンスが遅い場合もございます。このため、回答に数日~1週間程度を要することもございますが、ご理解とご了解くださいませ。

    なお数日たっても何も返事がない場合などは、お問い合わせ自体が届いてない可能性やフォームに入力いただいたメールアドレスの誤入力やタイプミスの可能性もございますので、再度このフォームよりお問い合わせいただくか、別の方法(直接会員の方にコンタクトするなど)にてお問い合わせください。

    提供いただきました個人情報は当会の個人情報保護方針を遵守して取り扱います。また、当会会員や北スラウェシ地域の方の消息に関するお問い合わせについては、該当の方が存在する場合は、必要用に応じてあなた様の個人情報を本人へ提供し、本人の同意がある場合、本人もしくは当会よりあなた様へご連絡を差し上げるという流れとなります。